ハイドパークへ行こう!① ロンドンで自転車シェア

ハイドパーク内アクティビティとしておすすめしたいロンドンの自転車シェアサービス、

「Santander Cycles」
利用方法についてご紹介いたします。

 

画像に含まれている可能性があるもの:自転車、バイク、屋外

 

用意するもの

クレジットカード

利用方法

①借りるとき

●最寄のポート(docking station terminal)へ向かいます。

※最寄のポートがどこにあるかは、
下記URLから調べることができます。

 

●画面の’Hire a cycle’をタッチします。

●画面の指示に従って利用者年齢、
利用規約、借りたい自転車の台数等を
確認し、カード清算を行います。

●自転車解除用のパスコードが発行されますので忘れずに受け取ります。
(パスコードは利用台数分発行)

②乗るとき

●利用する自転車を決めたらタイヤ、
ブレーキ、ベルが正常か確認します。

●自転車が施錠されているラック左上部分に①②③の数字が書かれたキーパッドがありますので、

パスコードを入力し、
緑ランプが点灯したら強く引き出します。
(パスコードの有効時間は10分です)

●サドルの高さを調節したら、
出発準備の完了です!

写真の説明はありません。

 

③返すとき

●ポートに向かいます。
(どちらのポートでも構いません)

●ラックに自転車を強く押し込みます。

●緑ランプが点灯し自転車が施錠されたことを必ず確認してください。

金額

1台2ポンド(24時間利用可能)

※ただし、30分毎に最寄のポートで更新が必要です。
更新しなかった場合は30分毎に2ポンド
ずつ追加されてしまいます。

 

※最寄のポートが満杯のときは、画面で
’No docking point free’を選びます。15分の無料延長手続きが可能です。
(その15分の間に、別のポートで更新手続きするのを忘れずに!)

その他

●ポートに自転車が置いてあっても、
稀に画面の’Hire a cycle’をタッチできないときがあります。
その際は、別のポートで再度お試しください。

●パスコードをスマホに送信できたり、
最新のラックの空き状況を調べたり
できる専用アプリもあるので、
ご興味のある方はSantanrder Cyclesで検索ください。

●更に詳細な情報は下記公式HPからぜひご確認ください。

Santander Cycles
London's self-service cycle hire scheme for short journeys
画像に含まれている可能性があるもの:木、空、草、屋外、自然

最後に

本記事は自転車道が整備されている
ハイドパーク内の利用を想定してご紹介しております。

何よりもみなさまの安全が第一ですので、公道を走行される際は交通ルールに十分お気を付けくださいね!

タイトルとURLをコピーしました