イギリスとハロウィン

10月31日はハロウィン。
日本では年々主に仮装する日として盛り上がりを見せていますが、イギリスではどうなの?

もちろん10月に近づくとハロウィングッズをちらほら見かけるようになりますし、ハロウィン用のかぼちゃも店頭に並びます。それに比べて夏が終わる頃いち早く登場するのがクリスマス用品。クリスマスと比べてハロウィンは盛り上がっていないのか?

今年イギリスで3回目のハロウィンを迎える筆者、イギリスとハロウィンについて調べてみました。

 

 

そもそもハロウィンって何?

イギリスが発祥?

起源はイギリス、アイルランド、北フランスなどで暮らしていた古代ケルト人の行事です。秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事でした。ケルト人の一年の終わりは10月31日。霊が家族を訪ねてくると信じられ、悪霊などから身を守るために仮面を被り魔除けの焚火を焚き、各家庭ではその火を持ち帰りかまどの火をつけ、家に悪霊が入ってこないようにしていました。その後ケルト人が暮らしていた土地にキリスト教が広められ、11月1日の「諸聖人の日(All Hallows)」+その前日(Eve)が混ざり、Halloweenとなっていったそうです。

17世紀以降、イングランド南部では11月5日のガイフォークスデーがその後廃止されるまで祝日となったことから、ハロウィンの習慣は廃れていきました。一方アイルランドでは現在も10月最終月曜が祝日(ハロウィン休み)になっており、その習慣が残っているそうです。

 

アメリカに渡り進化した

ハロウィンといえばアメリカというイメージ。ヨーロッパの移民によってアメリカに伝えられていった19世紀初頭以降に普及・定着し、20世紀初頭には社会的・人種・宗教に関係なく受け入れられていきました。元々のハロウィンの習慣がアメリカで進化を遂げ、現在の形が主に英語圏で定着。宗教的な意味合いはなく、且つキリスト教の行事ではないことから教派や文化圏によっても扱いが違い、ハロウィンを行わないようにとの通達が出されたり、ハロウィンを無視している国もあるようです。一方で日本のようにイベントとしてさらにアレンジされ、普及している国もあります。

 

Jack o’ Lantern(ジャック・オー・ランタン)

伝承の人物「ジャック」の提灯?

アイルランド、スコットランドに伝わる鬼火のような存在で、由来は天国にも地獄にも行くことができなくなった伝承上の人物ジャックが、悪魔から渡された石炭の灯りを、かぶをくり抜き提灯(ランタン)の代わりにしたもの。この伝承から、鬼火が目撃されると「ジャック・オー・ランタン」(ジャックの提灯)と呼ばれるようになったそうです。その後魔除けとして、かぶやルタバガ(かぶの一種)をくり抜き中にろうそくを灯したものが、ハロウィンで飾られるようになりました。

かぶからかぼちゃに

ハロウィンがアメリカに伝わり、アメリカで多く収穫されていたかぼちゃがランタン用に使用されるようになりました。その後加工しやすいこともあり、ヨーロッパでもかぼちゃランタンが一般的になります。(スコットランドでは現在もかぶを使用しているとのことです。)

ハロウィンの晩に、かぼちゃの中身をくりぬき目・鼻・口をつけ、内側に火のついたろうそくを立て、怖い顔や滑稽な顔を作り家の戸口に置きます。善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける効果があるとされています。

 

Trick or Treat(トリック・オア・トリート)

 

お菓子をくれないといたずらしちゃう?

子供たちが家々を回り、お菓子をもらうというハロウィンの代表的習慣の一つ。こちらも、元々のケルト人+キリスト教の風習が、アメリカで(メディア等の仕掛けもあり)お祭り要素として変化し、現在の形になりました。お菓子がもらえなかったらいたずらしてもよいとされ、大人たちは大量にお菓子を準備しておくようです。アメリカでは卵を家に投げつける、トイレットペーパーで庭を荒らされるといったケースもあったようですが、いたずらしちゃったということで済んだのでしょうか・・。

イギリスでは、住んでいる地域によって子供たちがお菓子をもらっている姿を目撃した、という話も聞きました。筆者の近所では見たことも訪問されたこともないので、いたずらされる心配もなさそうです!

 

仮装

10月31日に悪霊が訪ねてくるとしていたケルト人は、身を守るために仮面を被ったり、仲間だと思わせて身を守る隠れ蓑として、死神・怪物・幽霊・魔女・コウモリ・黒猫・ゾンビなどの仮装を行っていたそうです。現在では不気味なものからキャラクターまで、仮装を隠れ蓑としてではなく楽しむものとして定着しています。

イギリスではパブやクラブでハロウィンイベントが開かれるようです(今年2020年はなさそうですが・・)ので、街へ出かけたら仮装した人を見るかもしれませんね。

 

ハロウィンとりんご

神話や聖書にもよく登場するりんごは、ハロウィンとも由縁があるようです。ハロウィンの余興としてりんごを使うものがありました。

アップルボビング (Apple Bobbing)

水を入れた大きめのたらいにリンゴを浮かべ、手を使わずに口でくわえてとるりんご食い競争。イギリスの推理作家アガサ・クリスティ(1890‐1976)さんの小説『ハロウィーン・パーティ』(Hallowe’en Party 1969年)では、水の入ったバケツに首を押し込まれて溺死させられるという描写があり、イギリスでアップルボビングが一般的に行われていたことが伺えます。

 

スナップアップル(Snap Apple )

      絵画「スナップアップルナイト(Snap Apple Night)」ダニエルマクリース      https://en.wikipedia.org/wiki/File:Maclise.snap.apple.night.jpg

スコットランド・アイルランドで行われていたというスナップアップル。りんごと火のついたろうそくが付いた棒が吊るされりんごをくわえて取るという、アップルボビングよりエキサイティングな余興だったようです。アイルランド出身の画家ダニエルマクリース(1806-1870)さんが、1833年にスナップアップルナイトというタイトルでその様子を描いています。手前にはアップルボビングをしている子どももいますね。
(ちなみにマクリースさんは人生のほとんどをロンドンで過ごし、ウエストミンスターのギャラリーにはマクリースさんの大きな絵画が2つ飾られているそうですよ。)

 

 

Toffee Apple(りんご飴)

 

9月の終わり、テスコでりんご飴を発見。
調べてみると、古くから秋の収穫祭の時期によく振る舞われ、イギリスではハロウィンや11月5日のガイフォークスデーで定番のお菓子だそう。りんご飴はハロウィンを行っていないヨーロッパの国など世界各地で流通しており、キャラメルやチョコレートでコーティングされたものなど様々なバリエーションがあります。

 

 

 

まとめ

ハロウィン=仮装の日、世界中形は違えどきっと渋谷のように盛り上がっているのだ、という感覚で過ごしてきた筆者。改めて歴史や背景を調べてみると、世界的にも一言では言い表せないほど複雑な背景と事情を抱えたイベントであることが分かりました。イングランドで盛り上がっているように見えないのは、イギリスで生まれた伝統的な習慣が廃れ、時を経てアメリカに渡り、形を変えて戻ってきた、そして新しい形のハロウィンを楽しみたい人が楽しんでいるイベントだから、と解釈しました。(アイルランドとスコットランドでは、伝統的なハロウィンの習慣が残っているようなのでどんな感じなのか興味深いです。)

むしろ、11月の方が盛り上がるのでは。11月5日のガイフォークスナイト(火薬陰謀事件)ではあちらこちらで花火が打ちあがり、第2日曜のリメンバランスデー(戦没者追悼記念日)へ向け街がポピーで溢れます。こちらは全体で盛り上がっている印象がありますよね。

皆さんはハロウィンをどのように過ごしますか?
楽しむ派の方は、ぜひそれぞれの過ごし方で楽しんでくださいね!

Happy Halloween!

 

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

タイトルとURLをコピーしました